湘南広域都市行政協議会
       
記者発表
藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町の未来を描く行政ネットワーク
ホーム ごあいさつ 協議会について 協議会の活動 リンク
2市1町写真


協議会へのお問い合わせ
湘南広域都市行政協議会
           事務局
〒251-0041
神奈川県
 藤沢市辻堂神台二丁目2番1号
(アイクロス湘南3階
    湘南パスポートセンター内)
TEL:0466-31-2323
FAX:0466-34-3080
 
 
 
 
 
 
 
 
協議会の設立
 
 本協議会は、2010年(平成22年)4月に藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町の2市1町が、地方自治法に基づき設置したものです。

 2市1町は、1962年(昭和37年)から任意の協議会として「湘南広域都市行政協議会」を設立し、様々な活動を行ってきました。2009年(平成21年)には、常設事務局を設置し、協議会の運営体制について検討した結果、基盤強化を図るため地方自治法第252条の2の2に基づく法定協議会を設立することとなりました。

 本協議会は、住民サービスの向上、地域の活性化、行政の合理化、能率化を目指し、積極的な活動を進めてまいります。みなさまのご理解、ご協力をお願いいたします。

 現在の活動内容については、協議会の活動をご覧ください。 
 
 
 
協議会の規約
 
  湘南広域都市行政協議会規約〔平成26年11月1日改正〕(PDFファイル)  
 
  湘南広域都市行政協議会規約〔平成24年7月1日改正〕(PDFファイル)  

  湘南広域都市行政協議会規約〔平成22年4月1日施行〕(PDFファイル)

任意協議会での活動実績
 
   藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町の2市1町は、1962年(昭和37年)4月に任意の協議会を設立し、広域行政の推進を図ってまいりました。設立当初の当面の共同事業として考えられるものとしては次のとおりでした。
・ 2市1町が結束して学校、大公園を建設
・ 現茅ヶ崎市立病院を拡張して、公立病院を所有していない藤沢、寒川が利用する
・ ごみ、し尿の処理に不便な寒川が藤沢、茅ヶ崎の各施設を利用できるようにする
・ 茅ヶ崎、寒川が相模川左岸に予定している工業団地建設の調整
・ 藤沢市が昭和37年度に2千万円の予算を計上して建設する旧辻堂演習地跡への終末処理場の茅ヶ崎との共同利用
・ 1958年(昭和33年)に着工し昭和37年度に完成する藤沢バイパスの延長(四ツ谷で合流させずさらに大山街道を通り、赤羽根・高田・香川を経由したのち、田端地区で相模川を渡り、平塚・大磯方面にのばせば2市1町の主要道路となる。)

 その後、図書館の広域利用、広域文化活動の推進、ごみ処理の広域化等を実施するともに、都市農業問題や情報化推進等について共同で研究を進めてきました。具体的内容は、次のとおりです。
 
     
  ・湘南視聴覚ライブラリーの設置(1962年(昭和37年))
視聴覚(主に16ミリフィルム)器材等の共同管理、貸出、普及活動。
 
   
  ・県立高校の誘致(1962年(昭和37年〜))
1964年(昭和39年) 茅ヶ崎北陵高校   1974年(昭和49年) 藤沢西高校
1975年(昭和50年) 茅ヶ崎鶴嶺高校   1977年(昭和52年) 藤沢北高校
1978年(昭和53年) 寒川高校   1979年(昭和54年)  大清水高校 
1980年(昭和55年) 茅ヶ崎西浜高校   1982年(昭和57年)   長後高校 
1985年(昭和60年) 湘南台高校      
※2004年(平成16年) 藤沢北高校と長後高校が統合(藤沢総合高校)
 
   
  ・藤沢バイパスの延長
藤沢、茅ヶ崎の慢性渋滞を解消するため、1962年(昭和37年)の協議会発足当時から建設促進要望をしてきた 新湘南バイパスが、1988年(昭和63年)に開通。
 
   
  ・養護老人ホーム建設
老人人口の増加を配慮し、1969年(昭和44年)から養護老人ホームの共同建設、共同運営について検討を開始 、1972年(昭和47年)に「湘風園」を開園した。
 
   
  ・電算機の共同利用
人口の増加と行政事務の複雑化に対処するため、1967年(昭和42年)から税務事務を中心とした電子計算機の導入についての 検討を開始。
1958年(昭和33年)に導入した藤沢市では、1967年(昭和42年)に本格的な電子計算機に変更するとともに、1972年(昭和47年)から2市1町 の共同利用を開始した。(茅ヶ崎は1975年(昭和50年)まで、寒川町は1990年(平成2年)まで)
 
   
  ・図書館の広域利用
平成4年度から文化部会と事務研究会で検討を開始し、教育委員会間の調整を踏まえ、1996年(平成8年)5月から 広域利用を開始した。
 
   
  ・広域文化活動の推進
住民相互の文化交流を促進するため、1984年(昭和59年)から絵画を中心とした「広域交流芸術展」等を会場持ち回りで開催している。
 
   
  ・その他
広域ごみ処理対策の検討
広報の相互掲載
都市農業の諸問題と今後のあり方 etc・・・
 
   
   
 
 
 このページのトップへ