漢字御廢止之儀

前島密

國家の大本は國民の教育にして其教育は士民を論せす國民に普からしめ之を普からしめんには成る可く簡易なる文字文章を用ひざる可らず其深邃高尚なる百科の學に於けるも文字を知り得て後に其事を知る如き艱澁迂遠なる教授法を取らず渾て學とは其事理を解知するに在りとせざる可らずと奉存候果して然らば御國に於ても西洋諸國の如く音符字(假名字)を用ひて教育を布かれ漢字は用ひられず終には日常公私の文に漢字の用を御廢止相成候樣にと奉存候漢字御廢止と申候儀は古來の習用を一變するのみならず學問とは漢字を記し漢文を裁するを以て主と心得居候一般の情態なるに之を全く不用に歸せしむると申すは容易の事には無之候得ども能く國家之大本如何を審明し御廟議を熟せられ而て廣く諸藩にも御諮詢被遊候はヾ其大利益たると判明せられ存外難事仁非ずして御施行相成り得べきやと奉存候目下御國事御多端にして人々競て救急策を講ずるの際此の如き議を言上仕候は甚迂遠に似て御傾聽被下置候程も如何有御坐歟と憚入奉存候得共御國をして他の列強と併立せしめられ候は是より重且大なるは無之やに奉存候に付不顧恐懼敢て奉言上候
學事を簡にし普通教育を施すは國人の知識を開導し精神を發達し道理藝術百般に於ける初歩の門にして國家富強を爲すの礎地に御坐候得ば成るべく簡易に成るべく廣く且成るべく速に行屆候樣御世話有御坐度事に奉存候然るに此教育に漢字を用ひるときは英字形と音訓を學習候爲め長日月を費し成業の期を遲緩ならしめ又其學び難く習ひ易からざるを以て就學する者甚だ稀少の割合に相成候稀に就學勉勤仕候者も惜むべき少年活溌の長時間を費して只僅に文字の形象呼音を習知するのみにて事物の道理は多く暗昧に附し去る次第に御坐候實に少年の時間こそ事物の道理を講明するの最好時節なるに此形象文字の無益の古事の爲めに之を費し其精神知識を鈍挫せしむる事返す/\も悲痛の至に奉存候抑御國に於ては毫も西洋諸國に讓らざる固有の言辭ありて之を書するに五十音の符字あり(假名字)有之(假名字の出所に種々の論説有之又御國古文字等の論説も有之候得共本議には不用に御坐候得ば爰には附記不仕候)一の漢字を用ること無くして世界無量の事物を解釋書寫するに何の故障も之れ無く誠に簡易を極むべきに中古人の無見識なる彼國の文物を輸入すると同じく此不便無益なる形象文字をも輸入して竟に國字と倣て常用するに至りたるは實に痛歎の至に御坐候恐多くも御國人の知識此の如くに下劣にして御國力の此の如くに不振に至りたるは遠く其原由を推せば其素の毒を茲に發したるなりと痛憤に不堪奉存候
因みに米人ウ井リアム某が一話を御參考の爲めに記して御賢覽に奉供候同人は亞米利加合衆國の基督教の宣教師にて亞細亞地方に同教宣布の爲め先づ支那に渡航し咸豊の末迄同國に於て支那語を學び夫れより長崎に來りて近頃迄同所に本邦語を學び居たる者に御坐候同人は始て支那に航りたる頃 一日或る一家の門を過たるに其家中に多數の少年輩が大聲に號叫する頗る喧囂なるを以て何やらんと門に入りて之を見れば其家は學校にして其聲は讀書の音なり何故に斯く苦しげなる大聲を發して囂號するかと疑ひだるに後日其實況を知れば怪むに足らざる事なり彼等は其讀習する所の書籍には何等の事を書たるやを知らずして只其字面を素讀して其形畫呼音を暗記せんと欲するのみなり其讀む所の書は經書等の古文にして老成宿儒の解に苦む所のものなり支那は人民多く土地廣き一帝國なるに此萎靡不振の在樣に沈淪し其人民は野蠻未開の俗に落ち西洋諸國の侮蔑する所となりたるは其形象文字に毒せらるヽと普通教育の法を知らざるに坐するなり今日本に來りて見るに句法語格の整然たる國語の有るにも之を措き簡易便捷なる假名字のあるにも之を專用せず彼の繁雜不便宇内無二なる漢字を用ひ句法語格の不自由なる難解多謬の漢字に據り普通の教育を爲すが如し此の活溌なる知力を有する日本人民にして此の貧弱の在樣に屈し居るは全く支那字の頑毒に深く感染して其精神を麻痺せるなり云々と是等の話頭は漢字漢學を以て薫陶せられたる多敷の邦人及之を以て最上等の學文なりと妄信する學者輩の聞くときは徒に驚怪するのみならず魔語賊言として排斥可仕候得共深識遠慮の具眼者をして聞かしめ候はヾ沸泣賛歎可仕候恐多き事ながら何卒賢明なる慧眼を以て深く此意を御洞見被遊度誠に悃願の至に不勝存奉候
漢字を御廢止相成候とて漢語即ち彼國より輸入し來れる言辭をも併せて御廢止可相成儀には無御坐只彼の文字を用ひず假名字を以て其言辭を其儘に書記するは猶英國等の羅甸語等を其借入れて其國語となし其國の文字綴を以て書記すると同般にするの謂に御坐候即ち「今日」を「コンニチ」「忠考」を「チウカウ」と記るす類に御坐候此の如くせば橋箸端の混雜あるべく又「霞ぞ野邊の香哉」を「カスミソノ へノ ニホヒカナ」と誤讀する如き句切りを愆る恐ありなど非難仕候者も可有之候得共是等は文典を制し辭書を編し句法語格接文の則を西洋諸國に既成のものと御國固有の者とを參酌折中して御制定相成候ときは毫末恐るヽに足らざる儀にして而かも漢字の如く騒亂の亂字と亂臣の亂字の如き混雜も無く又大將軍は大將の軍なるか大なる將軍なるか大ひに將さに軍せんとするなるか大ひに軍を將ふると讀むなるかを排列し難き病は無御坐候漢文の如き句法語格の無きものすら前後の語勢と人知の理會を以て大將軍は即ち大將軍たる官職と理念し征夷大將軍を讀て「夷を征して大ひに將さに軍せんとす」とは執れも理會する者は無御坐候
國文を定め文典を制するに於ても必ず古文に復し「ハベル」「ケルカナ」を司る儀には無御坐今日普通の「ツカマツル」「ゴザル」の言語を用ひ之れに一定の法則を置くとの謂ひに御坐候言語は時代に就て變轉するは中外皆然るかと奉存候但口舌にすれば談話となり筆書にすれば文章となり口談筆記の兩般の趣を異にせざる樣には仕度事に奉存候是等の如きは學術上に渉つたる事柄にて元より本議御採納の上其事業に御着手のとき學者輩の議に任すべきものに御坐候得共御賢按の御資料に迄取摘み言上仕置候
漢字を普通一般の教育上に廢すること素讀習字即ち文字の形畫呼音を暗記し之を書寫するの術を得る爲めに費す時間を節減仕候に付一般學年の童子には少くも三ケ年專門高上の學を脩むる者には五六乃至七八年の時間を節省せしむべく此節省し得べき時間を以て或は學問に或は興業殖産に各某所望に任して用ひしめば勝て算すべからざるの利益なるは毫末疑を容れざる事と奉存候乍恐此時間利用の一件に就ては殊に賛意を被爲注度奉存候御國人の時を徒費して惜まざるは實に歎しき至に御坐候大禹が惜寸陰の格言を萬般の實業に實施せしむるこそ實に治國の大要件と奉存候
次に普通一般の教育法を御改良不被遊候ては一般の知識を開達せしめず其愛國心を厚からしむるとは無覺束事と奉存候前にも申上條通り國人皆自國を以て無上至善の國と自信し自ら自尊の志を懐ひて寸毫も他に讓らざるの氣象を保たざれば眞誠の愛國心を被揚仕り兼ね候御國人の所謂大和魂は一種特有の魂氣の如く御坐候得共決して然るものには有御坐間敷取りも直ほさず愛國の一心に外ならずと奉存候(自盡決死に果敢なるが如きは大和魂の一部分なるに過ぎずと奉存候)
御國普通一般の教育は上下の二等に分れ其下等なるものは只僅に姓名の記し方消息の書き方及其職業に就て要用なる字面を諳ずるのみにして卒り宇宙事物の道理の如きは分毫も之を教示するもの無之國外國ある事をすら知る者少き状態に候得ば愛國心の如きは是等の種族中には絶て影だに映出致せし事は有之間敷奉存候其上等なるものに於ては先づ四書五經の素讀より支那の歴史に相渉り文物制度より治亂興敗の順を講じ候にて御國の古典歴史の如き課外の業に附し去りて之を知るも知らざるも教育上には関係無きは一般に御坐候故に彼を尊み己を卑むの病は早く已に彼等の腦裏に感染し愛國心を傷け候素より知識を開達せんには廣く宇内の事績を講明するを肝要と仕候得ば支那は差措き西洋の書をも閲讀せしむるは勿論之儀に候得共普通一般の教育に就ては尤も本邦の事物を先にし他邦の事物も容れて自圖の事物の如く自國の言語を以て教授し(即ち學問の獨立)少年輩の心腦をして愛我尊自の礎を固めしむること甚だ肝要の事と奉存候他を學で而て后我を知るが如きは主客を轉倒し順叙を愆るの本にして風習の大躰に就て大妨碍と相成候學者の常に道ふ我民をして尭舜の民たらしむ英雄を論じて楠正成は諸葛孔明に似たりと云ふ如きは主客順序を轉倒するものにして邦俗風習を卑屈ならしむるの一例に御坐候西人某の談話に日本人は大和魂と云々すれども從來漢學を以て學間教育の基本とするゆへ 一種の支那魂ありて大和魂(愛國心)に乏し輓近に至りて漸く西洋學を爲す者増加せるゆへ早く學問の順叙を改正して之を制せざれば他日は自ら一種の西洋魂を輸入して支那魂と衝突し不可謂の葛藤を起し其極大和魂を皆無にすべしと這は外人の妄評には御座候得共亦全く御遠慮の外に可被爲措の一語とも不奉存候故に願くは速に學問獨立の大本を被爲立御國語を以て編纂したる徳育の書(孝悌忠臣徳誼品行上に係るもの)智育(歴史地理物理算數等に係るもの)の書下等上等の兩區に分ち彼我主客等皆兵叙次を定て一般普通の教育に御適用被遊候樣御廟議有御座度奉存候
學問の順叙を立てざる教育は愛國心云何の一點に止らず御國人一般の智徳を發達せしめざる大病源に御座候喩へば仁義とか明徳とか治國平天下とか云へるは老成學者の猶明解に苦しみ老練爲政家の難しとする所のものに御坐候處童年初歩の教授本と致候に付可惜智力發揚の時間を之に費し數年の苦學は僅に素讀の一事に止り随て止れば從て其字面をさへ忘失し全く無價の徒勞と相成候又學問は只道徳上のものとのみ見做候に付物理の學の如きは古來全く教育上の物とせず技術上の教育に於ては之を職工の賤業とし學校の門に入れざるより工事陋劣風教浮薄此貧弱未振の今日を致し志士をして痛歎血泣せしむるの悲況に立至り候は畢竟自尊獨立の氣象を盛にし愛國至誠の心を固からしむるは富強の二力に職由仕候は今更申上候迄も無之其大原たる實に學問の順叙方法其宜を得ざるに歸着仕候段は深く御賢慮被遊度蓋し此儀は方今學者の多く力を極め言を盡て排斥する所と奉存候得共是等俗儒庸士の能く知る所の者に無御坐候得ば彼等の紛議は御峻拒被避何卒御廟議英明の果斷に被爲出度勘至奉悃願候實に此儀は空前絶後千載の一事歩一乍恐奉存侯
前記第三と事項を分て申上候御命令其他に漢宇を用ひざる云々は廢漢字の手續きまでにして別に可申上程の緊要は無御坐侯斯く御手段を不被遊候ては一般をして速に漢字を用ひず國文を用ふるの時を得難く又斯くあらぱ相互の私書には御立入無御坐旨を明にするの御便宜も可有と奉存候但地名人名に漢字を用ひざるときは喩へば松平を「マツタイラ」「マツヒラ」「マツヘイ」「シヤウヘイ」其外「シヤウヒラ」「シヤウタイラ」何と讀て然るべきや其人に聞かざれば其正を得ざる如き實に世界上に其例を得ざる奇怪不都合なる弊を除き萬人一目一定音を發する利を睹ては此御美擧なるを普く賛賞仕候儀は尤速なる御事と奉存候
右は御用御多端の際御通覽の勞を憚り卑懐の幾分を言上仕候迄に御坐候間幸に御一覽の榮を賜り候上にて尚御不問の御儀も被爲有候はヾ難有謹て詳に言上可仕候但微賤の分限をも不顧奉犯尊儼候段其僭越の罪は元よリ湯钁をも不奉辭謹て待罪罷在候恐々謹言

慶應二年十二月

前島來輔