活 動 内 容
 ふれあい福祉バザー開催(年1回) 復活祭後の翌週日曜日10:00〜14:00。 前庭と信徒会館内
 ふれあいサンデー・コーヒーショップ 毎週日曜日午前中。 信徒会館内
利益は市内福祉施設、国外の施設などへ寄付
 ふれあいフライデー 月1回・初金ミサのあとサンドイッチ、コーヒーの提供。 信徒会館内
 声のたより ミサの説教、黙想会、講演会などの録音テープの貸し出し
 機関紙「そよ風」発行 必要に応じて
 ふれあい俳句会 月1回開催し「ひびき」に掲載。 信徒会館内
 カード発送 80歳以上の信徒へ復活祭、クリスマスの年3回カードを送ります
 ふれあい おしゃべりの会 毎月第2水曜日の10:00〜14:00。手作りのカード。福祉バザーへ出す物などを作ります。どなたでも参加出来ます
 福祉施設見学と交流 近隣の福祉施設との交流

皆様の積極的なお手伝いを期待しています。

 教会の使命は、福音宣教であり、社会と神の国の建設に奉仕することです。
神の国は、人々は皆、神の子として誰一人おろそかにされることなく、かけがえのない人として大切にされる場です。能率主義、金銭至上主義、学歴偏重、利己主義の強い日本の社会の中で、大切にされない人々、弱い立場に追いやられてしまう人々が大勢います。
 救い主イエス・キリストの福音を理想として、すべての善意の人々とともに、この社会の変革を目指したいものです。社会福祉活動は、正に福音宣教の重要な部門です。
 ここにかねてより準備された横浜教区福祉委員会を発足し、教区内で福祉活動の推進、啓蒙をし、諸施設・諸団体との情報交換、援助のための募金活動を通して、教区内外の福祉活動に少しでも貢献したいと思います。
      (横浜教区福祉委員会規約前文…1993年・横浜教区長 故 濱尾文郎)